Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

平成23年度第1四半期決算説明會

平成23年度第1四半期決算説明會

日付: 平成23年8月4日
時間: 18時00分~19時00分
場所: 大手町サンケイプラザ
內容: 平成22年度決算につきまして、取締役副社長執行役員 三浦善司より決算説明資料に沿って説明を行いました。

主な質問と回答

Q1.

5月の中計説明會で構造改革費用として2年間で600億円の計畫との説明があったが、今年度、來年度の費用の出方は?來年度分を今年度に前倒しで実施することはあるのか?

A1.

今年度は約300億円の費用を予定している。すでに國內向けに230億円を計上する予定なので、あと70億円程度の予定。その內容は現在詳細計畫を策定中。來年度の費用も現在のところ約300億円の予定。構造改革費用は効果を見極めながら実施するので、費用だけ前倒しでかけるものではない。

Q2.

LED照明、UCS、eWriterなどの新規事業は今期どのくらいの売上を見込んでいるのか?どの分野に計上されるのか?

A2.

LEDについては今年度100億円程度の売上を計畫している。その他の事業は今期の見通しに入れていない。計上する製品分野は、UCSとeWriterは畫像&ソリューション分野、LED照明はその他分野に含まれる。

Q3.

PENTAXカメラ事業の買収の意図は?今後、事業規模拡大のためにその他の會社も買収する意向はあるのか?

A3.

他の會社を買収することは考えていない。リコーとPENTAXは製品の補完関係があり、一緒になることである程度の事業規模に拡大できると考えている。また、ワークスタイルの変化に対応し個人に対するビジネスを拡大するという狙いもある。さらに、セキュリティカメラをはじめ、光學技術を活用したいろいろなサービスやソリューションなど新しいビジネスも創出することができると考えている。

Q4.

円高進行に対する対応策は何か考えているのか?

A4.

今年の1月に新たにグローバル購買本部を設立し、為替リスクを減らす施策を検討している。たとえば、ユーロやその他通貨での購入を増やすことなどが考えられる。

Q5.

17次中計の為替前提がドル85円、ユーロ120円となっていたが、中計の為替前提や目標値は変更するのか?

A5.

中計の目標は変更しない。為替影響はあるが、戦略?施策を実施していく中で目標の達成を目指していく。

国产乱了真实在线观看,国色天香在线观看播放影院,免费欧洲美女牲交视频,拍拍叫痛的无挡视频免费
<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>